大人気!飲食店のキッチンバイト

バイトするなら飲食で決まり!

飲食のホールとキッチンバイトの仕事内容

ランキング

  • 充実に繋がる結束感

    飲食バイトはキッチンスタッフとホールスタッフがいますが、結束力が強く充実感が高まることも学生に人気の理由です。

  • 初めてでも働きやすい「ファストフード」

    ファストフード店は常に同じクオリティを保つためにマニュアルが整備されていて、キッチン初心者も安心してバイトできます。

  • バイト探しの基本はネット

    キッチンスタッフのバイトを探すなら、ネットを利用しよう。飲食バイト求人が豊富な求人サイトで検索するのが一番です。

特集記事

本人希望欄の書き方とは 本人希望欄の書き方とは

キッチンバイトを始めたい人は履歴書の本人希望欄にもキッチン希望である旨をきちんと書くと良いでしょう。

共通する仕事内容

共通する仕事内容

基本的な仕事とは

共通する仕事内容

飲食店のバイトをしたいと思った時にどのようなお店をイメージするでしょうか。ファミレス、ファストフードなどを真っ先にイメージする人もいれば、居酒屋をイメージしている人もいると思います。当然前者と後者では、扱う料理の内容も、サービスするお客様の層もだいぶ違います。また大型チェーン店で働いた場合と、個人が経営している飲食店で働く場合でも、職場の雰囲気は大きく変わってきます。
ただし飲食店でバイトをする時には、どの飲食店で働いたとしても共通する仕事があります。それは大きく分けて二つあります。店内でお客様を相手にするホールスタッフと調理場で料理の補助をするキッチンスタッフの仕事です。

ホールスタッフの仕事

ホールスタッフの仕事は店内でお客様を相手にして、いろいろなサービスをする仕事です。直接お客様と触れ合う仕事ですので、「お店の顔」になる立場です。そのため接客の際に不快感を与えないように気を付ける必要があります。笑顔とわかりやすい話し方をすることが基本になります。主な仕事は、お客様を開いている席へ案内する仕事と、料理のオーダーをとる仕事、料理を配膳する仕事です。食事が終わったテーブルの片づけをしたり、レジ係を担当することもあります。料理のオーダーを取る時に、料理の内容や量、辛さなどについての説明を求められることがありますので、少しずつ料理に対する知識を増やして質問に答えられるようになりましょう。
そして最近はオーダーをコンピュータ端末のパネルを使って行う飲食店も増えています。その場合は端末の操作方法などを覚える必要があります。ホールスタッフの仕事は覚えることはそれほど多くありません。最終的にはてきぱきとした動作で店内を素早く動けること、明るくお客様と触れ合うことができることが大事になります。

キッチンスタッフの仕事

キッチンスタッフの仕事は主に料理の補助をすることになります。飲食店の中でも手作りにこだわっているお店の場合は、調理経験があること、調理師免許を持っていることが採用の条件になることもあるかもしれません。しかし料理未経験者でもキッチンスタッフとしてできる仕事はたくさんあります。また大型チェーン店での料理スタッフの場合は、料理のマニュアルがきっちりあり、そのマニュアルを守れば初心者でも調理が可能です。逆に調理師免許を持っている料理経験が豊富な人でもマニュアルを守る必要あり、自由に料理の腕を振るうことができませんので、職場を選ぶときには注意をしましょう。
キッチンスタッフのバイトの最初の仕事は、皿洗いや調理器具を洗う仕事です。慣れてくるとご飯をお茶碗についだり、料理の盛り付けをまかされたりするようになっていきます。お店によってはメイン級の料理をまかさせることもあります。

Copyright (C) 2016 バイトするなら飲食で決まり! All Rights Reserved.