大人気!飲食店のキッチンバイト

バイトするなら飲食で決まり!

キッチンバイトで働く際の本人希望欄の書き方

ランキング

  • 充実に繋がる結束感

    飲食バイトはキッチンスタッフとホールスタッフがいますが、結束力が強く充実感が高まることも学生に人気の理由です。

  • 初めてでも働きやすい「ファストフード」

    ファストフード店は常に同じクオリティを保つためにマニュアルが整備されていて、キッチン初心者も安心してバイトできます。

  • バイト探しの基本はネット

    キッチンスタッフのバイトを探すなら、ネットを利用しよう。飲食バイト求人が豊富な求人サイトで検索するのが一番です。

特集記事

本人希望欄の書き方とは 本人希望欄の書き方とは

キッチンバイトを始めたい人は履歴書の本人希望欄にもキッチン希望である旨をきちんと書くと良いでしょう。

本人希望欄の書き方とは

本人希望欄の書き方とは

「ゆずれない条件」を絞り込んで書こう

本人希望欄の書き方とは

飲食店のバイトに応募をするときには面接を受ける前に履歴書を作成することになります。履歴書の中には「本人希望欄」という項目があります。職場に対しての自分の希望を記入する項目ですが、あまりわがままなことを書いたら書類審査を通らないのではないかと不安になる人も多いと思います。また書類審査に通りたいために何も書かないでいると職場の都合の良いように使われてしまうのでないかと逆に不安になるでしょう。 このように本人希望欄に関してはわからないことが多いと思います。職場の勤務地などが決まっている場合は本人希望欄に書く内容は基本的に「シフトについての希望」になると思います。「週3日希望」、「土日は働けません」、「夜勤以外なら働けます」など、人によって希望は違うと思います。気をつけたいのはあまり漠然と希望を書かないようにすることです。
例えば「週3日希望」の場合は土日や祝日も含んだ週3日になってしまうことがあります。土日は働けない場合は「土日以外で週3日希望」など具体的に希望を書くようにしましょう。またどうしてもシフトに入れない理由も書いておきましょう。「学生寮の門限があり夜勤はできません」「土日はボランティア作業をしているので、仕事ができません」など、理由がハッキリしていると職場の採用担当者もわかりやすくて嬉しいと思います。

チェーン店での本人希望欄の書き方

大型チェーン店の場合、いくつかの店舗が合同でバイトを募集していることがあります。その場合は、本人希望欄に書く内容がシフトに限られなくなりますので注意が必要です。
まず「勤務地」についての希望を書くようにします。どの店舗でも働ける場合は構いませんが、いちばん家から遠い店舗に通うのは難しい場合は「○○店舗以外の勤務地を希望します」と書きます。できるだけ働ける勤務地が多い方が採用される確率が上がりますが、働き始めたことを考えると、本当に通勤可能な店舗のみを希望したほうがいいでしょう。
またファミレスや居酒屋などの場合「ホール」「キッチン」の希望を書く必要がある場合もあります。特にどちらの職種で働きたいという希望がない場合は、「特になし」と書くか、または記入しないほうが採用の可能性は高くなります。しかし人見知りなどで、どうしてもキッチンで働きたい場合は「キッチンスタッフを希望します」などと記入しておくとよいでしょう。勤務地、職種ともにこだわりがない人もいると思いますが、何も書かないと「やる気がない」と思われてしまうことがあります。その場合は「長期勤務を希望します」などと記入してやる気をアピールしておきましょう。

Copyright (C) 2016 バイトするなら飲食で決まり! All Rights Reserved.