大人気!飲食店のキッチンバイト

バイトするなら飲食で決まり!

キッチンバイトの面接はハキハキと!

ランキング

  • 充実に繋がる結束感

    飲食バイトはキッチンスタッフとホールスタッフがいますが、結束力が強く充実感が高まることも学生に人気の理由です。

  • 初めてでも働きやすい「ファストフード」

    ファストフード店は常に同じクオリティを保つためにマニュアルが整備されていて、キッチン初心者も安心してバイトできます。

  • バイト探しの基本はネット

    キッチンスタッフのバイトを探すなら、ネットを利用しよう。飲食バイト求人が豊富な求人サイトで検索するのが一番です。

特集記事

本人希望欄の書き方とは 本人希望欄の書き方とは

キッチンバイトを始めたい人は履歴書の本人希望欄にもキッチン希望である旨をきちんと書くと良いでしょう。

面接はハキハキと答えよう

面接はハキハキと答えよう

大きな声でハキハキと返事を

面接はハキハキと答えよう

飲食店でバイトをするときの最後の関門が面接試験です。飲食店のバイトの採用不採用を決める分かれ目は、ほとんど面接によって決まると言っても過言ではないでしょう。なぜなら飲食店の仕事は、ホールスタッフはもちろんキッチンスタッフでも、直接お客様と触れ合う機会が多い仕事です。面接をする採用担当者は、向き合って応募者と話をすることで「飲食店に向いている人材かどうか」を判断します。
つまり採用担当者は自分と話している態度や言葉遣いを、お客様の前でもするだろうと思って面接に臨んでいます。自分に対して感じの良い話し方や態度をとれる人を採用し、感じの悪い話し方や態度をする応募者は不採用にしようと思っているということです。
そのため極端に言えば採用担当者をお客様だと思って、接客をするような気持ちで面接に臨みましょう。質問にはハキハキと返事をすること、大きな声で話すこと、相手の目を見ること、笑顔を見せることなどが大切です。自分が飲食店に行った時に「感じがいい人だな」と思うバイトの人がいたら、そのように自分も振る舞うと面接を通ることができるでしょう。

心がけたい基本的なマナー

飲食店でのバイトの面接では先述したとおり、理想の店員として面接に臨むことが合格への近道になります。そしてそれ以外にも面接を受ける上で最低限守っておいたほうがよいマナーがあります。
まずは身だしなみについてです。飲食店は食品を扱いますので特にそうですが、清潔感のある身だしなみで面接に臨むことが必要です。できれば散髪に行き、クリーニングに出した洋服を着るようにしましょう。茶髪や極端な長髪の人は、自分が希望する飲食店の基準に照らし合わせて、色を染めるなり、短くするなりしましょう。
また面接を受ける時の姿勢にも注意をしましょう。椅子に座る時は背筋を伸ばして姿勢をよくします。猫背だとだらしなく、覇気がない人だと思われてしまう可能性があります。メモと筆記用具を持って行くことも大切です。メモを携帯して面接に臨んでいるだけで、採用担当者に本気度が伝わりやすくなります。また社会人になると初対面の人と会う時はメモと筆記用具を携帯することは基本になりますので、今のうちから覚えておくとよいでしょう。

働きだした後のことを考えて答える

面接では、シフトの希望などについての質問をされると思います。採用側が夜勤や休日出勤をしてくれるとありがたいという思いを匂わせてきたときに、ついその場のノリと採用されたいという欲から「夜勤も休日出勤も大丈夫です」などと安請け合いしてしまうことがあります。しかしそのような安請け合いは実際に働き始めてから後悔することになりかねません。無理なことは無理だと言いましょう。
また給与や勤務地や勤務時間など、知っておきたいことはきちんと質問をして確認をとりましょう。まれに求人票と違う給与や勤務地で働かせようとする職場がありますので、確認をとることは大切です。うやむやのまま働いて、後で後悔しないようにしましょう。

Copyright (C) 2016 バイトするなら飲食で決まり! All Rights Reserved.